2010年02月26日

公共施設の全面禁煙を要請=都道府県に通知−厚労省(時事通信)

 他人のたばこの煙を吸い込む受動喫煙による健康被害を防ぐため、厚生労働省は25日、多数の人が利用する公共施設を原則的に全面禁煙とするよう求め、都道府県などに通知した。ただし、施設管理者に「努力義務」を課すにとどまり、罰則はないため、実効性は不透明だ。
 通知では、学校や病院、事務所など全面禁煙の対象となる施設を広範囲に指定。屋外であっても、子どもの利用が想定される場合は受動喫煙防止のための配慮が必要だとした。
 飲食店など全面禁煙が困難な施設については、当面は分煙化による対応を認め、将来的には全面禁煙を目指すよう求めた。 

医学部新設と急激な定員増は慎重に―医学部長病院長会議(医療介護CBニュース)
米司法省、EUも立ち入り=自動車配線カルテル、デンソーなど(時事通信)
<地震>東京・八王子で震度3=午前8時35分(毎日新聞)
調査捕鯨は合法的活動=豪首相と協議へ−岡田外相(時事通信)
<温暖化対策>デブア事務局長が辞任へ(毎日新聞)
posted by オガワ エイジ at 09:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。